読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白いこぶた’s blog

ズボラ主婦のゆる〜い毎日

美女と野獣の実写版映画の感想(ネタバレあり)

ここ最近北朝鮮情勢で不安な日々が続いたので、現実逃避してきました(笑)

もしものことをずーっと考えててもしゃーない!

精神的に良くない!

 

で、ディズニーの愛と夢の物語「美女と野獣」観てきました。

 

一言、感無量。

 

なんといっても、エマ・ワトソンのベルがピッタリ!

登場した瞬間に、「ベルーーーー!!」って感激(ToT)

もう、一瞬で引き込まれちゃいました。

演技や歌が素晴らしいのはもちろん、雰囲気が思い描いていたベルその物でした!

 

ちなみに、私が思うベルのイメージは

 

  • きれいだけど気が強い
  • 聡明だけど夢見がち
  • 本を読むことが一番の幸せ
  • 母性的

 

という、ディズニーの明るくかわいいプリンセスとは一味違うイメージなんです。

そもそも、ベルが王子さまの呪いを解くっていう所からして、男女の役割が逆転してますしね!

その複雑なキャラクターが、冒頭の歌いながら街を歩くシーンからガツーンと伝わってきました。

片眉上げながらニッって感じの顔で笑うエマちゃんがまさにベルって感じでした。歩き方も大股でスタスタ。

しぐさが本当にベルなんだなぁ~

 

内容は一部新たなストーリーあるものの、基本的にオリジナルに忠実で、小さい頃に原作を覚えるくらい見てきた自分は「あっ!ここがあのシーンか!」といちいち感動できました。

結構アングルや編集も原作に忠実だと思いました。

 

あと、様々な意見があるようですが、私は実写版の悪役のガストン&ルフゥすきです。

うぬぼれやのガストンとそれを支える太鼓持ちルフゥ。

いらっとするけど、妙に癖になる(^_^;)

THE.ディズニーです。

ガストンはもうちょっとうざくてもいいくらい(笑)

 

最後にちょっと残念だった所。

(読みたくない方注意です!)

こんなこと思うのは私だけかもしれませんが…

 

 

美女と野獣といえばルミエル、コグソワーズなど魅力的なお城のキャラクター…なんですが。

これはアニメの表情豊かさには及びませんでした( ̄ー ̄)

これは私が現代の映像技術に期待しすぎたせいかもしれません。

何か「物」感が強くて、ちょっと残念でした。

 

あとは、野獣君。こちらは人間感が強い感じがしました。

理想はもっともふもふした毛並みを想像してました。

口元ももっと犬系であってほしかった…

でも、野獣の少年っぽいかわいさはでてました。

 

何か、こんなことが気になってしまった自分の心の汚れ具合にドン引きです(^_^;)

 

でも、何気に小さい頃もアニメで見た時、野獣とお城のキャラがかわいすぎて、逆に人間に戻ったあとの姿が受け入れられなくて気になったなぁ、とか思い出しました。

 

少し気になる部分もありましたが、全体的には大満足!

私のようなノスタルジーおばちゃんにとっては涙腺崩壊必死の映画でした。

胸がきゅーんと幸せになります。